CM

YouTube広告は5つ種類あるけど、おすすめはインストリーム広告

YouTube広告は5つ種類あるけど、おすすめはインストリーム広告

こんにちは。タッセーです。

5秒CMクリエーターとして、YouTube広告もつくっています。

ボクのYouTube広告まとめ

YouTube広告は、グーグルのビックデータにより広告視聴者のターゲットがわかるので、TV広告より効果的です。

YouTube広告は5つあります。

  • インストリーム広告
  • バンパー広告
  • ディスカバリー広告
  • バナー広告
  • オーバーレイ広告

 

おすすめは、インストリーム広告です。

その理由を1つずつわかりやすく、解説していきますね。

インストリーム広告

インストリーム広告:YouTube動画の「前、再生途中、視聴後」に流れる広告です。

インストリーム広告は、5秒経過するとスキップできます。

広告の右下[広告をスキップ]を選択すると、広告がスキップされ動画視聴できます。

「YouTubeって広告ウザい」と言われますが、このスキップできる広告ならまだ許してもらえそうです。

しかも、視聴者はその広告に興味があれば、そのまま見続けます。

また、YouTube広告画像をタップすると、広告したWebサイトに移ります。

企業は、視聴者をWebサイトへ誘導しやすいのでメリットありです。

TV広告の場合は、わざわざ広告ページを検索する必要があるので、Webサイトをみる人が少なくなります。

インストリーム広告は視聴者も企業もメリットありです。

インストリーム広告のまとめ

  • 視聴者は広告をスキップできる。
  • 視聴者は見たい広告を見続けられる。
  • 企業は、Webサイトへ誘導しやすい。  

 

ユーチューバーの広告をリサーチしてみた

【結論】ユーチューバーは、インストリーム広告をつくっていません。

ユーチューバーのインストリーム広告CMは、まだまだ少ないですね。ユーチューバーは、すでにインフルエンサーで影響力が大きいので、あえてCMをつくらないのですかね。

あとで紹介するディスカバリー広告は、つかっている人はいますね。

ボクは、ユーチューバーの魅力を10秒くらいのCMで伝えた方が、ユーザーにとってイメージしやすいので、つくったほうがいいと思います。

いまは、ユーチューバーCMがないので、作ったら注目されると思います!!

↓ユーチューバーマナブさんのCMをつくってみた

バンパー広告

バンパー広告:YouTube動画の「前」に流れる6秒以内広告です。

バンパー広告は、さきほど紹介したインストリーム広告と同じ場所に表示されます。

バンパー広告の特徴

  • 6 秒以内の広告
  • 広告をスキップできない

スキップボタンがありません。

ユーザーは、スキップできないので「ウザいCM」と思うかもです。

バンパー広告は、中小企業やベンチャーに向かないでしょう。

なぜかというと、6秒以内でサービスを紹介することは難しいからです。

バンパー広告は、タレントさんがキャッチコピーを言って終わりというものが、おおいですね

たくさんを伝えずに、「ワンメッセージ」1つだけを伝えます。

なので、カッコいいキャッチコピーで「企業イメージをつくりたい」会社に適した広告です。主に大企業が使いますね。

中小企業やベンチャーは、インストリーム広告をつかってサービスの内容を伝えるべきです。

インストリーム広告とバンパー広告の違い

  インストリーム広告 バンパー広告
広告の長さ 12~180秒(推薦) 6秒以内
スキップ ×

 

バンパー広告のまとめ

  • 6秒以内でスキップできない
  • ワンメッセージをつたえる
  • 企業イメージをつくりたい大企業向け

ディスカバリー広告

ディスカバリー広告:検索結果ページの上位に「指定した動画」が表示されます。

ディスカバリー広告をタップすると、YouTubeにその広告動画が流れる。

ディスカバリー広告に表示されもの

  • サムネイル画像
  • チャンネル名
  • 動画視聴回数
  • 広告見出し

 

ディスカバリー広告は、企業向きではない広告ですね。

ディスカバリー広告は、サムネイルをタップしなければ視聴できないからです。

そのサムネイルに興味があれば視聴率があがります。興味なければ、さがります。ある意味、サムネイル命です。

知らないサービスや商品の場合、サムネイルに興味がないのでタップされません。

YouTubeは、1度見た動画や同じチャンネルを見る人ばかりです。新しいジャンルの動画には、あまり見られません。

なので、顔を見たことあるユーチューバーのほうが選ばれやすいのです。

サービスや商品をアピールしたいのであれば、インストリーム広告とバンパー広告のほうが良いでしょう。

インストリーム広告とバンパー広告との違い

  • 動画のジャマにならない
  • 視聴者が選ぶ
  • ネガティブなイメージがない

ディスカバリー広告の説明

項目 説明
動画の URL 動画は YouTube にアップロードされている必要があります
画像 自動生成される 4 つのサムネイルから選択

カスタムサムネイルは Google の担当者に問い合わせする

広告見出しのテキスト 半角 25 文字、全角 12 文字以内(一部の端末では、この文字数を超える部分は省略されます)
説明 1 行につき半角 35 文字(全角 17 文字)以内、全 2 行

おすすめ動画には説明は表示されません

 

ディスカバリー広告のまとめ

  • 企業向きではない
  • 視聴者が選んで、見る
  • サムネイル命

その他のYouTube広告

その他のYouTube広告

  • バナー広告
  • オーバーレイ広告

この2つの広告は、画像広告です。

バナー広告

バナー広告:関連動画の上に表示される画像広告

ディスカバリー広告とバナー広告は、表示される場所が近いのですが、広告内容が違います。

ディスカバリー広告は、タップするとYouTube内に動画が表示されますが、バナー広告は外部のWebサイトへうつります。

ディスカバリー広告とバナー広告の違い

  ディスカバリー広告 バナー広告
リンク先 YouTube内 外部Webサイト

 

バナー広告の概要

  サイズ ファイル形式 ファイルサイズ
バナー広告 300×250 .GIF、.PNG、.JPG 150 KB

 

オーバーレイ広告

オーバーレイ広告:動画の下のほうに表示される画像広告

オーバーレイ広告をタップすると、外部のWebサイトへうつります。

オーバーレイ広告の概要

  サイズ ファイル形式 ファイルサイズ
オーバーレイ広告 480×70 静止.GIF、.PNG、.JPG 150 KB

 

YouTube広告のおすすめは、インストリーム広告

インストリーム広告は、視聴者も企業もメリットありです。

インストリーム広告のまとめ

  • 視聴者は広告をスキップできる。
  • 視聴者は見たい広告を見続けられる。
  • 企業は、Webサイトへ誘導しやすい。  

 

しかもインストリーム広告は、ユーチューバーにとってブルーオーシャン市場です。ライバルがいない状態です。

ユーチューバーは、インストリーム広告をつくっていません。

ユーチューバーは、すでにインフルエンサーで影響力が大きいので、CMをつくりません。

ボクは、ユーチューバーの魅力を10秒くらいのCMで伝えた方が、ユーザーにとってイメージしやすいので、つくったほうがいいと思います。

いまは、ユーチューバーCMがないので、作ったら注目されると思います!!

ボクのYouTube広告まとめ