ビジネス

ホリエモン『東京は今のままだと潰れる』

動画あり

今回は東京が変わるホリエモンの「東京改造計画」を解説します。

ぼくは、横浜、東京に6年住んだことがあり、今は田舎暮らし。

なので、東京のことも少しは語れます!

結論:ホリエモンが都知事になったら東京が変わる!

現金禁止

 

原則キャッシュレス決済でなければ飲食店営業の許可を出さないということ。

現金の管理コストは想像以上にコストがかかる
脱税をしたり裏社会にお金が流れている。

そして現金はコロナウィルスの感染リスク高い。

貨幣というのはかなり汚い何百人という人間が触ったかわからないもの。
お札は手垢がべったりくっついてウイルスだらけ。

だからこれからコロナウイルスの心配があるなら全部現金をなくしてキャッシュレスにするのだとっています!

お金ってめっちゃ汚いですね。。。

いまちょっとお財布を開けてみたら昭和47年の一円玉が入ってました。
50年近く人に触られまくったお金。めちゃ汚い!

キャッシュレスにすれば、店員さんのお釣り間違えや売上計算も楽になる!

低用量ピル

 

次に、生理で苦しむ女性を助ける

ホリエモンらしくないと思われるかもしれませんが、
予防医療普及協会の理事をやっていて医療にかなり詳しい。

低用量ピルが大きな効果を生む

なぜなら生理痛が重い人は、入院までしたくなるほど苦しむ女性がいるからです。

低量ピルを飲むことによって精神な不快感が少なくなったりや生理痛が緩和する。

また子宮内膜症の治療や卵巣がんの予防にも有効とされている。

しかし日本のピル普及率は先進国の中で最低レベル。
なのでピルを公費で助成する

生理に関する悩みを軽減できれば女性が手がける仕事の生産性はぐんと上がる

ぼくは、よく寝れないことがあるので睡眠導入剤を飲んでいます。
夜勤をしている看護師さんや工場勤務の方も使っている。
だから薬も使い方さえ間違えなければ良い効果があります!
薬=毒じゃないですね。

小中学校でオンライン授業を導入する

 

オンライン授業の導入

職員の負担を軽くできる
全国の先生がみんな同じような授業をさせる必要はない

例えばオンライン授業は、『今でしょ』でおなじみの林先生の授業動画をみる
生徒にとっては、林先生の動画授業の方がわかりやすい

たまたま入った学校の先生に教わるより
日本一教え方がうまい林先生の授業を受けたほうが学びになる

またオンライン配信なら授業動画を自分のペースに合わせて早回ししたり反復して勉強できる

ではほかの先生はなにをするのか?

それは勉強についていけない子達に個人指導する

授業を聞く気がない生徒に勉強のモチベーションを行う

つまり、この二本柱が大切

・授業がついていける子にはオンラインで林先生の授業を受ける
・オンライン授業についていけない子は学校でオフライン少人数性のクラス

これほんと今すぐやってほしいですよね

ぼくも子どもたちの施設を7つ運営してました。
学校って教科書をずっと読んでるだけの先生もいますよね。
子どもたちにとって地獄の時間ですよね。

電車はETCにする

 

切符も改札もなくして ETCにする

2020年3月山手線の新駅高輪ゲートウェイ駅がオープンした
この駅には Suica や PASMO だけではなくスマホの QR コードを読み取る新しい改札機がある

自動改札機はスイカやパスモのチャージ金額が足りなかったりエラーが発生すると自動改札機のゲートはばたんと閉じてしまう

もはやあの自動改札機は廃止してもいいと言っています。

高速道路の ETC と同じようなゲートにすれば決済できる
通るだけでピってなって決済してくれる

JR はキセルや不正防止のために自動改札機は必要だというかも!?

不正は一定の割合で起こる起きる
なので最初から対策すればいい

3%の確率で不正が起きるなら切符代を最初から3%高くすればいい

自動改札機はただでさえ単価がバカ高い
メンテナンスコストもかなりかかる

テクノロジーがいくら発展してもそれを使う人間が頭の古いままでは世の中は一向に進歩しない

たしかに、ETCのシステムを使ったら自動改札機いらないですよね!
今まで考えたことなかったです。

ぼくの地元は田舎すぎて切符を買って、駅員さんに渡してガチャンてされる
そのレベル。いまだに昭和時代です。

そのETCシステムを東京から日本全体に広げて欲しいです。

江戸城をつくろう!

江戸城の再建

この話はわくわくします!
実はこのアイディアは漫画からヒントをもらったみたいです。

ビッグコミックで「建設会社の社員が、かつて存在した江戸城の天守閣を民間企業で再建しようという話」

江戸城というのは、現在皇居があった場所にかつてあった。
1657年の火事によって江戸城が焼けてしまった。

東京のシンボルがなくなってしまった。
そして1958年に東京タワーが完成し東京のシンボルとなった

ホリエモンはいいます。

江戸城は都知事が作るものではなく
都民の手で作るものにインパクトがある

役人に任せていると、こんなアイデアは出ない
大震災や台風から日本が立ち上がるシンボルになる

いや〜この日本の復活魂を見せてほしいです
クラウドファンディングやったらすぐあつまりそうですよね〜

去年、滋賀県の彦根城に行ったんですよ。
夏だったんですね
城の中は冷房がなく、汗がしたたりおちて、階段も急だし転んで死ぬかと思いました。

お城は、文化遺産だから手を加えてはいけないかもしれないですけど、クーラーぐらいはつけて快適にお城散歩を楽しみたいです。

小池都知事へ

ほかにもこの本では、今の都知事の小池百合子さんをことをめちゃくちゃ批判してます!

彼女が都知事になったのは2016年7月の都知事選

東京大改革宣言と言って7つのゼロを公約にした

待機児童ゼロ
残業ゼロ
満員電車ゼロ
ベッド処分ゼロ
介護離職ゼロ
都道の電柱0
多摩市の格差0

1つも0が実現していない!とホリエモンお怒りモード

たしかに、選挙の時に格好つけてできないことを言いふらす人いますよね。

このとき小池さんは「都民ファースト」といって完全にイメージ戦略みたいなところがありました。

なんとなく、響きがかっこいいから都民のこと考えてくれそうだから投票した!っていう人もいましたね。

そして、小池百合子さんが所属していた希望の党では
花粉症ゼロ、フードロスゼロなんていうことも言ってました。

花粉症をゼロにするってどうゆうことなんだ?って思いますよね。

だけど花粉症に困っている人にとっては、今までに政治家で花粉症をゼロにする!って言った人がいないから「この人に投票しよう」ってなりますよね!

なんかずるいなぁ〜と感じます!
とはいえ、政治家のほとんどが選挙の時にアピールしてるだけなので、小池さんに限った話ではありません。

しかし、ホリエモンは言います。

「いいっぱなしの公約はどうなったのか」

公約が検証されない政治家って楽な商売だ!

ぼくのような民間企業の経営者だったらとっくにクビになってるだろう

と言っています。

民間で働く人と行政で働く人の危機感て違いますよね!

民間の力が、国を変える
まずは、東京を変えて、その波を全国に広げて日本復活することを願っています!

まとめ

ホリエモンが東京を変えるためのアイディアがてんこ盛り

現金禁止→キャッシュレスにしよう
女性の社会進出→低用量ピルで生理痛を緩和する
オンライン授業→先生の負担を軽くする、授業を楽しくする
電車の改札をETC→時代遅れの改札を廃止してゲートをつくる
江戸城の再建→日本の新しいシンボルをつくろう