ビジネス

【Daigo】死ぬ前の5つの後悔は、みんな同じだった

 

【動画版】

 

どうもタッセーです。

死ぬ前の5つの後悔をダイゴさんの「超選択術」をもとに解説します。

結論は、後悔しない選択しよう

後悔しない選択をしよう!

ってことです。

後悔しない選択とか意味が広すぎてわからないですよね。
ぼくも意味がわからなかったです。

だけど、人は死を目の前にしたときに、ほぼ同じ後悔を言うらしい。

例えば
長年オーストラリアでゆったりと死を迎える施設で働いていた看護師さんのブロニーウェアさんの話によると

死を覚悟した患者さんのほとんどが後悔や反省の言葉を残すと言っています。

著書「死ぬ瞬間の五つの後悔」で次の五つにまとまっています

・他人の期待に従いすぎた
・働きすぎた
・素直な気持ちを言わなかった
・友人にあまり連絡を取らなかった
・自分をもっと幸せにすればよかった

以上の5つです。

この5つってぼくに刺さりまくりです。

みなさん、もし今死んだらどんな後悔がありますか?

他人の期待に従いすぎた

上司や会社の命令を聞きすぎたってことありませんか?

働きすぎた

もちろん、働くことは大切です。
しかし、会社だけ。

仕事人間になってしまうと家族とはビミョーになり
仕事を退職したら家族は他人みたいな感じ。

家には居場所ない、会社の人とも遊ぶことがない。
孤独を感じることが多いようです。

素直な気持ちを言わなかった

人の顔色を気にして生きていませんかね?
もちろん空気を読むことは大切だと思います。

しかし、自分の感情を殺してまで、他人を優先しなくてもいい。
他人の人生のために自分が不幸になるのは違います。

まずは自分を幸せにしてから、他人を幸せにする。

だから率直な感情は表現するべきです。
日本では空気を読めみたいな文化があります。
だから、自分の意見を発言するひとは少ないです。

空気を読むヒトは後悔する人生になり
自分の意見を言えるヒトは幸せな人生になるかもしれません。

ぼくも空気を読まずに言いたいことを言ってみたいと思います

友人にあまり連絡を取らなかった

みなさん学生時代の友達や昔の友達と連絡とっていますか?
インスタやフェイスブックだけのつながりじゃないですか?

それじゃあ幸せになれず後悔するみたいです。
連絡をとって話すことが大切です。

しかし、ぼくは全然友達と連絡とってないですね。
この本を読んで来週に昔の友達と飲みにいこうと誘いました。
なにを話せばいいんだろうみたいな心配はありますけどね。(ドキドキ)

自分をもっと幸せにすればよかった

これは完全に同感です。
みなさん日曜日の夜や休み明けの出勤するときの憂鬱さを感じたことはないでしょうか?

ぼくは仕事行く前、同僚の顔を見たくないなと思ったとき何回もあります。
いやだな〜めんどくさいな〜
だけど我慢だ!と自分に言い聞かせて乗り切ってきました。

しかし、それは自分を後悔させる行動だったんです。

以上の5つです。

他人の期待に従いすぎた
働きすぎた
素直な気持ちを言わなかった
友人にあまり連絡を取らなかった
自分をもっと幸せにすればよかった

今を生きるみなさんにもこの五つの心辺りがあるんではないでしょうか?

じゃあどうしたらこの5つの後悔をしないで生きられるのか?
自分にとって正しい選択ができるのか?

正しい選択はない。後悔しない選択がある

ってことです。

研究者たちが言ってるのは
人は後悔する生き物

何かにつけてあの時こうしてれば良かったな

という気持ちが生まれるもの。と言っています。

人は1日に70回選択してる

例えば
・気になる異性に声をかけるか、かけないか
・会社を辞めるか、このまま続けるのか
・同僚からの飲みの誘いを受けるか、受けないか

選択には小さいものから一生を左右するような重要なものまであります。

では後悔しない選択、考え方はどうしたらいいのか?

結論:合理的スタイルが1番いいです

合理的スタイルが1番!

合理的とか難しくてよくわかんないですよね。

簡単言うと、後先を考えれること

例えば
今日の午後一番で会議があるからそのために軽めにそばでささっと済ませておこうで考える人が合理的なタイプです。

後先を考えて、軽めのそばを選択したのが合理的なスタイルになります。

論理的に分析したりできるのが合理的に考える人のタイプ

ぼくは映画が好きなんですけど、つまらない映画を見たくない。

だから映画を見るとき口コミ評価をチェックしてる。

これは合理的スタイルかもしれません。

だけど時々失敗してつまらない映画を選んじゃいます。

この合理的なスタイルは、1番良い考え方!
全体の31%

逆に1番後悔するのは、直感的スタイルな考え方です。

自分の勘で「あっlこれだ!」みたいに直感で生きる対応ですね。

今日は朝からカレーの気分だったんだよカレーにしようよみたいな感じで考えちゃいます

直感的タイプ

・数字やデータより自分の感覚を重視するタイプ
・ピンと来たなど感情が大きく動いた時に意思決定は早い
・逆に悩み始めると時間がかかる

1番後悔するのは、直感的スタイルは全体の34%
10人中3人以上ってかなり多いですよね。

後悔してる人が多いのは直感スタイルが多いからかもしれません。

合理的になる方法

じゃあ合理的なスタイルになるにはどうしたらいいか?

って思いますよね。これには、3つあるようです。

・振り返る
・第三者をつくる
・動画を撮る

振り返る

自分の選択について振り返って評価するっていう方法

どんな小さいことでも自分の決めた選択について振り返える

他の選択肢はなかったのか?
選択の結果に満足している?
後悔している?

かなど評価を付けていきましょう
リストを作って○✖️△などで評価していく

例えば、今日のランチはカレーでよかったのか○
人に傷つく言い方をしたか×

みたいな感じで
自分1日の行動を振り返るって方法です。

ぶっちゃけこれはめんどくさいなと思ってしまいました。
振り返ることとかリストに書くってぼくは向いてないです。

第三者をつくる

2つ目は第三者をつくるサードパーソンチョイスと呼ばれる方法。
これは、自分自身の第三者みたいな人を作る方法です。

例えば
・車を買おうかどうか
・この仕事につくかどうか
・好きな人にプロポーズするか
などの場面に遭遇したとき

同じ選択を信頼できる友人が悩んでる設定にする
アドバイスするかという意識して選択する

そうすると、後先を考えて合理的な判断に基づいて後悔しない選択をできる

・車は子供が出来てからでいいんじゃないか
・就職は今は買い手市場だから就職は焦らなくてもいい
・プロポーズは貯金できてからでいいと

これはいいですよね!

自分の問題を友達の問題として捉える
これは簡単でめんどくさがりやなぼくにもできそうです。

動画を撮る

最後の3つ目が一番楽です。

スマホで自分を動画で撮影する
そうすることによって自分を客観的に見ることができる

例えば
1.スマホで自撮りして自分の行動を記録する

2.自分の自撮りした動画を見る

3.自分の行動を客観的に見れる

これはめっちゃおすすめです。

ぼくも高校生の時に動画をとってショックを受けました。

僕は高校生の時家の離れに住んでいて友達がよく遊びに来てました

よく動画で撮影していたんですけど

そうしたらもう自分の性格の悪さにびっくりしました

友達に言い方がキツイ!

何で友達にこういう言い方をしたんだ
と思って自分の悪い所に気がついた

もちろん今でも悪いところあるけど、気づきをくれました

なので動画で自分を撮影するっていうのはかなりオススメです

以上の3つです。

・振り返る
自分の行動をリスト化して○×をつける方法
・第三者をつくる
自分の問題を友達の問題として捉える
・動画を撮る
スマホで動画撮影して自分の行動をチェックする

僕としては動画で撮る方法が一番楽だと思いました。
自己啓発本を買うより自分が変われる方法です。

みなさんも撮影してみてください。もちろん良い部分も見えてくるので安心してください。

以上

この本のまとめ

死ぬときの後悔は5つある

他人の期待に従いすぎた
働きすぎた
素直な感情を言わなかった
友人にあまり連絡を取らなかった
自分をもっと幸せにすればよかった

後悔しないためには

合理的なスタイルが大切

合理的スタイル(後先を行動できる)のこと
今日の午後一番で会議があるからそのために軽めにそばでささっと済ませておこうで考える人

合理的なスタイルを作り方

・振り返る
自分の行動をリスト化して○×をつける方法
・第三者になる
自分の問題を友達の問題として捉える
・動画を撮る
スマホで動画で撮影して自分の行動をチェックする

【あとがき】

人は1日に70回の選択がある
たった1つの選択を変えるだけで人生は変わります。

スティーブ・ジョブズは、大学で西洋書道の授業に出ることによって
今のアップルの美しいフォントがうまれました。

小さな選択がアップルをつくりました。

小さな選択が人生を変える!