仕事相談

係長に嫌われたら終わりの会社「あの5年は何だったんだ!?」

62話.係長に目をつけられた男の末路

ぼくはは30代の男性です。

幼いころから芸術に興味があり、学校も首席で卒業しました。

そして印刷会社のデザイナーとして就職できました。

ぼくは、アート、ファッション、サブカルチャー…

変わったもの何でも興味があるタイプで、片っ端から手を出していました。

 

そんなぼくを「不思議くん」

と陰で言われているのは知っていました。

しかし、「個性的なおれってカッコいい!」位に思っていました。

 

やることなすこと普通の社会人とはかなりズレていて

社会常識もありませんでした。

 

それが当時の係長の鼻についたようです。

係長はぼくとは反対のタイプでルールや常識が絶対だ!!というタイプでした。

そんなぼくは、社内恋愛中の彼女がいました。

 

しかし、係長は彼女に「アイツとは関わりを持つな」と言っていたそうです。

 

ぼくが係長から嫌われていたのは薄々わかってました。

 

入社当初から私に対する態度が明らかに冷たかったので「嫌われている・避けられている」のは察していました。

なので、さほど係長の言葉なんて気にしていませんでした。

 

しかし、ぼくだけ定時が午前0時~1時と夜中まで働かせれました。

地獄です。

 

それが週6日、休日出勤あり…

息つく暇もありません。

 

ある日体調が悪くなり

「今日は早めに帰らせてもらえませんか?」(この時点で21時位)と聞いてみると

「ダメ」と返されました。

 

本当に体調が悪かったんです。

 

翌日病院を受診し、数日欠勤することになりました。

 

しかし、係長には「サボり」扱いにされました。

 

係長が別の部署に異動するまでの5年間

ほぼ同じ態度で距離が縮まることもありませんでした。

 

この人の下で働くのが苦痛だった毎日です。

異動してくれてホッとしています。

 

でも、思います。

あの5年間はなんだったんだろう。

 

すぐにやめて、ほかの会社にいくにもできたのに。。。

ーーーーーーーーーー

もし、あなたが苦しんでいるならすぐに転職しましょう!

あなたは病気になるかもです。

ぼくは上司のパワハラによって「重度のうつ病」と診断されました。

ひどいときは、夜にナイフをみないと寝れませんでした。

「このナイフでいつでも死ねる…」

「…だから明日も1日がんばろう」

そうして、薬とお酒を飲んで寝ました。

社会復帰に1年以上かかりました。

ぼくみたいになる前に、転職しましょう!

あなたを守れるのはあなただけ!

 

もし、転職が難しいなら、まず副業しましょう!

毎月10万円を稼げる副業コミュニティをつくりました。

(ある程度の努力は必要です)

【無料】副業に興味ある方は、こちら