仕事相談

【ブラック企業】塾で働くのはやめときなさい【実話】

6話.塾講師はムダだらけ

私は30代の女性です。

 

家から近いという理由で応募した塾講師のアルバイト。

 

当時私は大学生だったのですが、それから大学を卒業後はそのまま社員として居ついてしまいました。

 

しかし、それは間違いの始まりでした。

 

アルバイト時代は優しかった教室長が社員になった途端に激変したのです。

 

やらなくていい仕事、やりがいのない仕事を私一人に押し付け、それを見て楽しむという趣味の教室長でした。

 

例えば

塾で実施する学力テストは試験監督をしていれば良いだけで、答え合わせをした原本は本社から送られてくるのですが、私はこのテストを回収し、全て先に答え合わせするよう言われました。

 

35人分の回答を5科目分。一日がかり。

しかも生徒が時間の取れる日に一斉に実施するため、私は日曜出勤になります。

 

時給は860円です。

 

百歩譲ってこの仕事をする意味があるとか、私だけではなく他の講師にも同じ仕事がローテーションなどで回るなら良いのですが、そうではありませんでした。

 

上司に何故このような仕事が必要なのかと問うと、少し口ごもってから

 

「・・・他の先生たちが担当生徒の学力チェックができるから」

 

と、納得できないことを言い始めました。

 

学力チェックなら毎日生徒と向き合っていることでわかりますし、本来この会社ではそんなことはしないのです。

フランチャイズなので他の塾の実情も知っていますが、これをやっているのはうちだけです。

 

細かく言えばこんなことはたくさんあり

 

ほかにも

大きな穴開けパンチの機械で書類に一気に穴を開ければ良いのに、使おうとしたら

 

「ダメダメ!100均の穴開けパンチでやって」

と言われました。

 

どうも紙がずれるから、ということを理由にしたいそうですが、こっそりやってみた時にはめちゃくちゃキレイにできてあっという間に終わりました。

 

やりがいがない、やっても意味がない、そんなことを強制されてはや5年。

 

アルバイト時代に良くしてくれたからという思いがあるから強く言えないのが私の弱みです。

 

私には理解できませんが、教室長は意味のないことをしている人間を見てそれを楽しむ人間なのでしょう。

 

未だにやらなくても良い仕事はターゲットになった私一人に押し付けられていて強く言えません。

 

まだ働いています涙

 

ーーーーーーーーーー

もし、あなたが苦しんでいるならすぐに転職しましょう!

あなたは病気になるかもです。

ぼくは上司のパワハラによって「重度のうつ病」と診断されました。

ひどいときは、夜にナイフをみないと寝れませんでした。

「このナイフでいつでも死ねる…」

「…だから明日も1日がんばろう」

そうして、薬とお酒を飲んで寝ました。

社会復帰に1年以上かかりました。

ぼくみたいになる前に、転職しましょう!

あなたを守れるのはあなただけ!

 

もし、転職が難しいなら、まず副業しましょう!

毎月10万円を稼げる副業コミュニティをつくりました。

(ある程度の努力は必要です)

【無料】副業に興味ある方は、こちら