仕事相談

【ブラック企業】教師は残業0円。休みはお盆と正月だけ。

33話.教師は残業0円。休みはお盆と正月だけ。

わたしは20代の女性です。

私は父親が教員だったこともあり、小さい頃から自然と「教員になりたい」と思いました。

 

教員免許を取得し、その後は高校の教員として社会に出たのです。

 

2校目に赴任した学校で出会ったのがB先生(女性)でした。

 

B先生は背が高くてスリム、ショートカットでいかにも“体育会系”といった雰囲気。

それもそのはず、保健体育が専門で、女子バスケ部の顧問でもありました。

 

副顧問を務めていたのが私です。

 

B先生は「生徒の自主性を尊重したい」という理由で、バスケ部の活動日などを生徒に委ねていました。

 

生徒がミーティングをして、部活のスケジュールをB先生に提出するのです。

 

B先生はそのスケジュールを見ると、毎回ダメ出しをしていました。

 

「今月は公式戦があるのに、日曜日はオフにするの?」

「練習しなくても勝てる自信があるんだね?」といった感じです。

 

すると大抵、B先生の圧に押された部長が

 

「そうでした。練習入れておきます。」と修正するのです。

 

生徒の自主性は全く尊重されていません。

 

土、日、祝日に練習があれば、副顧問である私も出勤です。

 

「今週末も練習あるからよろしくね。生徒が決めたことだから。」とB先生に言われました。

 

修学旅行の翌日は学校が休みになっており、その日に練習をするかでミーティングをしました。

 

B先生は「練習できそうだよね?もしかしてオフにする?」と、ものすごい目力と圧で生徒たちに詰め寄ります。

 

あの雰囲気では生徒の方も「休みたい」とは言えません。

 

修学旅行に引率することになっていた私も休みたかったですが、言えませんでした。

 

結局、生徒は「練習します」と答えました。

 

B先生のおかげで、私はお盆と正月以外はほぼ出勤していました。

 

教員は、あらかじめ教員調整手当というのが給料に上乗せされています。

 

なので残業や休日出勤をしたとしても基本的には無給です。

 

最近はよく教員の仕事は「ブラックだ」と言われるようになりましたが、本当にその通りなのです。。。

 

転職したいです。。。

 

ーーーーーーーーーー

もし、あなたが苦しんでいるならすぐに転職しましょう!

あなたは病気になるかもです。

ぼくは上司のパワハラによって「重度のうつ病」と診断されました。

ひどいときは、夜にナイフをみないと寝れませんでした。

「このナイフでいつでも死ねる…」

「…だから明日も1日がんばろう」

そうして、薬とお酒を飲んで寝ました。

社会復帰に1年以上かかりました。

ぼくみたいになる前に、転職しましょう!

あなたを守れるのはあなただけ!

 

もし、転職が難しいなら、まず副業しましょう!

毎月10万円を稼げる副業コミュニティをつくりました。

(ある程度の努力は必要です)

【無料】副業に興味ある方は、こちら