仕事相談

【ブラック企業】モラハラ課長がいる某食品メーカーの実話。

11話.食品メーカーのモラハラ課長

わたしは30代男性です。

 

私が勤めていたのは食品メーカーでした。

 

営業マンとして働き始め、そこで直属の上司になった課長が超が付くほどの気分屋で、不機嫌な時は理不尽のオンパレード。

 

パワハラやモラハラは軽いものから重いものまで色々経験しました。

 

サラリーマンがその会社で初めてだった私も「報連相」が大事な事はわかっていました。

 

しかし、課長に報告しづらいことを隠して後に見つかり、会社の事務所で延々と怒鳴られた事がありました。

 

「報連相はとにかく早めに」と思ってはいたものの

 

難しいところが課長は気分屋なので、上機嫌の時に気まずい報告した方が何事もなく終わる事が多いのです。

 

 逆に不機嫌な時に気まずい報告をしたら、めちゃキレられる。

 

しかしある日、顧客からのクレームがあり課長に報告しなければならない場面が訪れます。

 

課長の所へ向かうと運悪く不機嫌な様子でした。

 

以前のように隠しても、いずれ見つかって怒られるのが目に見えているので、意を決して話しかけます。

 

私     「課長、報告があるのですが・・・」

 

課長  「あ?見ててわからないのか?今忙しいんだよ!明日にしろ!」

 

私     「わかりました、すみません・・・」

 

課長  「わかったなら早く向こうに行け!あー忙しい!」

 

と、その日は「明日にしろ」と軽く怒られて終わリました。

 

次の日に言われた通りに課長の所に行くと機嫌は悪くない様子です。

 

少し安心して報告すると、

 

「こんな事、なんで昨日のうちに報告しないんだよ!」

と一気に不機嫌になり、怒鳴ってキレはじめる課長。

 

「そうですよね、すみません。・・・ってあんたが昨日、明日にしろって言ったんやないかーい!」

なんてノリツッコミをする空気など微塵もなく、しばらく怒鳴れ続けました。

 

なるべく早めに報告しようとしたのに、その日軽く怒られた。

その上に不安な1日を過ごしす。

そして翌日に怒鳴られ続けるのはあまりにも理不尽です。

 

しかし、課長の私への評価は出世やお給料にも大いに影響がある為、我慢し続けるしかありませんでした。

 

結局、この理不尽課長とは11年間ほど付き合った後に今は転職して別の会社に勤務。

 

もっと早く転職していれば、長い間苦しまなくてすんだのに。。。

 

ーーーーーーーーーー

もし、あなたが苦しんでいるならすぐに転職しましょう!

あなたは病気になるかもです。

ぼくは上司のパワハラによって「重度のうつ病」と診断されました。

ひどいときは、夜にナイフをみないと寝れませんでした。

「このナイフでいつでも死ねる…」

「…だから明日も1日がんばろう」

そうして、薬とお酒を飲んで寝ました。

社会復帰に1年以上かかりました。

ぼくみたいになる前に、転職しましょう!

あなたを守れるのはあなただけ!

 

もし、転職が難しいなら、まず副業しましょう!

毎月10万円を稼げる副業コミュニティをつくりました。

(ある程度の努力は必要です)

【無料】副業に興味ある方は、こちら