仕事相談

【ブラック企業】40代女性部長からのセクハラキスされた(部長はダースベーダー似)

26話.【アナウンサー】40代女性部長からのセクハラキス

おれは20代の男性。

俺は、地方の放送局に勤めているイケメンアナウンサーのT。

自分で言うのもなんだが、入社1年目から、局内の男性アナの中で人気投票のトップを奪取!

 

仕事も順調で、入社3年目にして深夜帯のラジオ番組も持たせてもらい、中高生リスナーの“アニキ”として、ちょっと下ネタなんかも織り込みつつ、魅力ある“ラジオDJ”としてのスキルアップが目下の関心事となっている。

 

一部、お偉いさんの間では、俺のラジオを聞いて「Tは局アナのくせに、下品な放送内容じゃないか?」と話題にのぼることもあるみたいだが、おおむね社内評価は上々だ。

 

というのも、俺はなんといっても、この局の社長に気に入られているのだ。

 

そんな俺だが、たった一つだけ厄介事を抱えている。

それは、40歳の独身女性で、マルチ営業部の副部長Yによる猛烈なセクハラだ。

 

Yは、漆黒のストレートボブヘアで、いつも全身真っ黒のコーディネートで決めている。

 

いつも黒のロングワンピースを着ているのだが、大柄で目つきの座ったYの姿はさながら“ダースベーダー”だ。

 

ダースベーダーの性格はドS。気の弱い社員を即座に見抜き、鼻で笑いながらこき使うのが趣味。

 

こいつとはかかわりたくないと思っていたが、ある日、ダースベーダーが俺に悪くない話を持ちかけてきた。

 

「T君、ラジオ大好評じゃない。聴取率も良いって、営業部の次長がほめていたわよ。」

 

「ウチの局のエースアナウンサーになる日も近いわね。それで、良い話があるんだけど・・」

 

「おお!ありがとうございます!!良い話ってなんでしょう??」

 

「映画の紹介コーナーを作ってほしいって〇〇シネマズから依頼があったから、T君のラジオ番組はどうかって推薦しようと思っているのよ。」

 

「ほ、本当ですか?俺、映画大好きなんで、それは願ったりかなったりの話です。」

「スポンサーが大喜びするくらい、最高に楽しく映画紹介する自信あります!!」

 

「T君なら、OKしてくれると思ったわ。早速この話進めるわね。」

 

 

映画館のスポンサーがつくなんて、俺にとっては本当にうれしい話。

俺の頭の中でダースベーダーは、超苦手な人リストから、なかなか使える人リストへと昇格していた。

 

それからしばらく経って、ダースベーダーから、食事に誘われた。

 

二人きりでの食事なんて、ホントは死んでも願い下げなのだが、使える人リストに入っている人との付き合いは大切にしようと、表面上は明るく二つ返事でOKした。

 

指定されたのは、高級な焼肉店。

 

個室の部屋を見た瞬間、全身に鳥肌が立った。

 

「個室かよ。。。」

 

俺の頭の中ではダースベーダ―のテーマが、大音量で鳴り響いていたが、上手く切り抜けようと自分に言い聞かせた。

 

ダースベーダーは、酒豪であっという間に日本酒が大量に消費されていった。

 

俺もつられて飲みすぎてしまったらしい。

気づいた時には、立ち上がるのもおぼつかないくらいになってしまっていた。

 

そして、睡魔に襲われた俺を、ダースベーダーは見逃がさなかった。

俺はダースベーダーに押し倒され、猛烈なキス攻撃に責め立てられてしまったのだった。

 

振り払ってその場を立ち去ろうとした俺に、ダースベーダーは、「これから毎月、食事誘うわよ!」と言ってきた。

 

俺は力なく「二人きり以外でお願いします。」と答えたのだった。

 

あれ以来俺は、ダースベーダーとは、会社内でも二人きりにはならないように細心の注意を払っている。

 

男だってセクハラされる。。自慢ぽいかもしれないが、まじでつらいんだ。。。

 

ーーーーーーーーーー

もし、あなたが苦しんでいるならすぐに転職しましょう!

あなたは病気になるかもです。

ぼくは上司のパワハラによって「重度のうつ病」と診断されました。

ひどいときは、夜にナイフをみないと寝れませんでした。

「このナイフでいつでも死ねる…」

「…だから明日も1日がんばろう」

そうして、薬とお酒を飲んで寝ました。

社会復帰に1年以上かかりました。

ぼくみたいになる前に、転職しましょう!

あなたを守れるのはあなただけ!

 

もし、転職が難しいなら、まず副業しましょう!

毎月10万円を稼げる副業コミュニティをつくりました。

(ある程度の努力は必要です)

【無料】副業に興味ある方は、こちら