仕事相談

【犯罪クリニック】免許がなくても子どもを産む産婦人クリニック

36話.【産婦人科】これはアウト?犯罪になる!?

わたしは20代の女性です。

 

私は『命の大切さ』を学びたいと思い

看護学校に行きながら産婦人科で助手として勤めていた。

 

そのクリニックは女性院長と言うこともあり患者に人気があった。

 

院長は話しやすく患者さんからは厚い信頼を得ていた。

裏の顔を知らずに…

 

患者さんの見た目で判断し色々決める人だった。

 

例えば

出産をした患者さんにプレゼントとして花束をあげていた。

 

だけど、

 

高そうな服を着ている人には、見栄えがいい高い花。

普通の服を着ている人には、ただの安い花。。。

 

もちろん患者さんはお互いがどんな花をもらったかわからないので

バレることはないが不平等だった。

 

更に「あの患者、汚くない?」とか「あの人にはよくしておいて」とか

院長の感情のままに動かされる日々に疲れていた。

 

ある時、休日出勤を頼まれた私は

『お産があって人手が足りないのかな?』と思っていると耳を疑うことを言われた。

 

「うちの子供の守りをしに来てくれない?あと掃除も。給料は払うから」と。

 

仕事と関係のないことを頼まれたのだった。

私は断れず3人の子供の面倒をみた。

 

2歳、5歳、7歳と手のかかる子どもを。

家の中はグチャグチャで掃除するのも一苦労だった。

 

それから、週に一度は子守りをさせられるようになった。

 

平日、患者さんが空いてきて少しゆっくりできるかなと思った時に

限って頼まれていたので休む暇がなかった。

 

『産婦人科に勤めていたけど、まだ私は学生で子守りなんてわからない』と

戸惑う日々だった。

 

ある日、いつものようにお産の補助をしている時、不思議に思ったことがある。

 

『そう言えばいつも院長が赤ちゃんを取り上げるのに今日は婦長さんなんだ、なんか雑な扱いしてる』と。

 

そこで、一番話しやすい看護師さんに

 

「婦長さんも助産師の免許があるなんてすごいですね!」

 

「他の病院は、助産師さんがだいたい一人ですよね?」と聞いてみた。

 

すると予想外の返事が!

「婦長さんは助産師の免許持ってないよ!院長が婦長ならいいだろうって許可しているだけ」

 

なんと助産師の免許も持っていない看護師に平気で任せる院長だった!

患者さんは、ちゃんとした助産師に取り上げられていると思っているはず。

 

バレたら大変なことになると思った。

 

そんな矢先に事件が!

 

コスパをよくするため診察の時間を短くした結果、患者さんの腫瘍を見落とした。

 

その患者さんは他の病院で治療をしたらしいが

この見落としのせいで悪い噂が広がった。。。

 

クリニックには患者さんがガクンと減った。

 

ーーーーーーーーーー

もし、あなたが苦しんでいるならすぐに転職しましょう!

あなたは病気になるかもです。

ぼくは上司のパワハラによって「重度のうつ病」と診断されました。

ひどいときは、夜にナイフをみないと寝れませんでした。

「このナイフでいつでも死ねる…」

「…だから明日も1日がんばろう」

そうして、薬とお酒を飲んで寝ました。

社会復帰に1年以上かかりました。

ぼくみたいになる前に、転職しましょう!

あなたを守れるのはあなただけ!

 

もし、転職が難しいなら、まず副業しましょう!

毎月10万円を稼げる副業コミュニティをつくりました。

(ある程度の努力は必要です)

【無料】副業に興味ある方は、こちら