未分類

アプリ外注で失敗しない方法(失敗談あり)

アプリ外注で失敗しない方法(失敗談あり)

過去問サプリ

過去問題集の答えの解説をシェアするアプリをつくろう。

しかし、失敗に終わった。プロトタイプはこちら↓

失敗した理由


エンジニアの方とコミュニケーションがうまくいかなかった。

3人はクラウドソーシング、4人目は地元の方。5人目は、自分がエンジニアになろうとした。
【外注エンジニア歴】

  • 1人目:クラウドソーシング|話が噛み合わない。こちらの要望とは違うものができた。
  • 2人目:クラウドソーシング|ベトナムとのオフショア。いい感じで進んでいたが、突然連絡取れなくなる。 
  • 3人目:クラウドソーシング|若くてセンスがある方。しかし、コミュニケーションがうまくいかず。
  • 4人目:地元のエンジニア||クラウドソーシングはビミョーだった。だから地元の知り合いにおねがいした。しかし、突然音信不通。。。その店舗も閉業していた。
  • 5人目:自分がエンジニアになる|エンジニアにお願いするのはヤメた。自分でつくってみよう!プログラミングスクールに通う!しかし、プログラミングがうまくできず、タッセーのココロが折れる。ポキッ。

ということで、時間がかかり「過去問サプリ」への熱が冷めてしまいました。チャンチャン。

アプリの特徴

  • スマホで過去問を解ける。
  • 解説をシェアできる。
  • みんなの考え方や覚え方、語呂など学べる。

 

いままでの勉強で困っていたとこ

  • 辞書のような厚い過去問本を買う。
  • 問題を解いて、解説をみる。
  • 答えの解説が1つしかない、わかりずらい。
  • 答えが間違っていることも。修正してくれない。
  • 模擬試験は、試験会場にいかないといけない。

 

過去問サプリができること

みんなで、過去問の解説をアップする

  • 覚えるコツやゴロなど知れるので、勉強コストが下がる。
  • 答えの修正ができる。
  • わからないところを人に聞ける。
  • スマホ上で模擬試験ができる。
    新卒学生が集まるので、求人広告とのマッチングが可能。

しかし、アプリ開発は、完成しませんでした。。。

 

学んだこと

顔が見えないひとと、仕事をするのは難しい。信頼されるまで時間がかかるし、相手の気持ちもわかりづらい。

今回の心配は、ボクにも原因があって、エンジニアの方へわかりやすい伝え方をすべきだった。
このアプリの失敗から学んだこと。

わたしがつくる5秒CMは、クライアントの方の思いやマーケティング戦略をカタチにする仕事です。

お互いの方向性のズレがあると、効果的なCMがつくれません。
そうなると、クライアントにとってお金のムダ、時間のムダになってしまいます。

逆に、ミーティングやコミュニケーションコストを下げることによて、ヒューマンエラーを少なくし、失敗しないCMをつくることができます。

そうするべく、タッセーはクライアントとこんな風に仕事をします。
少し長いので別の記事にしました。