仕事相談

20万円をサギられた試食販売スタッフの末路

58話.20万円を詐欺られた試食販売員

わたしは、40代の女性です。

今から3年前、私はやっと天職に巡り会えました。

それは試食販売員です。 

この仕事で食べていこうと思ったのですが…。 

 

私が住んでる鳥取県は試食販売員の正規の仕事はありません。

 

試食販売員の派遣会社に登録は出来ますが

日雇いが基本で雇用保険もなし。

それでも試食販売員で仕事をしたくて

車で片道2時間まで通勤することにしました。

毎日出来るのは嬉しいのですがやはり保険がないのがつらい。 

 

そのことに悩んでいると

ほかの派遣会社のおばさん社長がヘッドハンティングしてきた。 

社長「今の派遣会社辞めてうちにおいでよ。」

 

「今より金額上げるしあなたがほしがってる社会保険もあげる。」

「あなたの力が欲しい」 

 

その言葉がうれしくて舞い上がってしまった。。。

 

すぐ、私は社長の派遣会社にうつった。 

 

連日の片道2時間の片道は想像以上に疲れる。

私は帰り道で事故しそうにもなった。

 

そこで社長に相談して約束してもらえました。

連勤が続いたときは職場の近くのホテルに泊まる。
ホテル宿泊したら、交通費をカットする。 

 

初めての給料は末締め15日で20万ありましたが社保は引かれていません。

 

ましてや給料明細も無く、確認すると 

 

「ごめんね、言ってなかったけど三ヶ月間は試用期間があるの~」

 

「明細なんてどうせ捨てるんだからいらないでしょ~」と社長がいってきた。

 

給料が良かったのでそれならしょうがないかと私。 

 

しかし、これだけではなかったのです…。 

 

冬の間は雪がなくなる3月までは近場で違う仕事をして

3月末からまた試食販売員の仕事に復帰した。

 

しかし、入るはずの給料日にいつまでたっても振込みがありません。 

 

不安になり社長に電話すると耳を疑うことを言われます。 

 

「ごめ~ん言ってなかったけど派遣法に引っ掛かるから給料日が変わったの〜」

 

「末締め翌々7 日になったから~」 

 

私はめまいがしました。翌々7日なんて絶対生活出来ません。

 

片道2時間ガソリン代がどれだけかかるかと社長に言うと

渋々前借りをさせてくれることになった。

 

隠せない不信感に悩みながらやっと給料日になりました。 

 

2ヶ月ぶりのまともな給料日

やっとの思いで見てみると私が思っていた金額とは明らかに少ない。

 

おかしいと思い社長に聞くと私が前借りし過ぎてるだけだと一蹴。 

 

信じられなくなった私は次の日欠勤。

 

何かの運命のようにその日の夕方対向車に激突され車が大破

仕事に行けなくなってしまったのです。 

 

心配する素振りだけの社長にむかついてある行動に移し事務所に手紙を送りました。

 

ー手紙の内容ー

 

・労働基準監督署に話を聞いてもらう


・給料明細が無いのは税務署に相談する。

 

 

引かれるはずの税金などを確認できない場合は

明らかに違法なのでマルサが動くと書いていいと言われ

そのまま手紙に書いて送りました。 

 

マルサにビビったのか

すぐ今までの給料明細を送ってきた

なんと未払金20万越え!!!
 

あんなにあちこち遠くで働いたのに働いてないことにされてる。

週に一回しかホテルに泊まってないのに交通費毎日カットされている。

 

意味不明なな金額引かれてる。

 

メチャクチャだった!!! 

マルサに協力してもらい未払金をすぐ払ってもらい関係を切りました。

 

みなさん、ブラックな社長がいるところからはすぐ逃げましょう!

ーーーーーーーーーー

もし、あなたが苦しんでいるならすぐに転職しましょう!

あなたは病気になるかもです。

ぼくは上司のパワハラによって「重度のうつ病」と診断されました。

ひどいときは、夜にナイフをみないと寝れませんでした。

「このナイフでいつでも死ねる…」

「…だから明日も1日がんばろう」

そうして、薬とお酒を飲んで寝ました。

社会復帰に1年以上かかりました。

ぼくみたいになる前に、転職しましょう!

あなたを守れるのはあなただけ!

 

もし、転職が難しいなら、まず副業しましょう!

毎月10万円を稼げる副業コミュニティをつくりました。

(ある程度の努力は必要です)

【無料】副業に興味ある方は、こちら